秋の気配

気温が急激に下がると、木の葉の色が変わり、街の様子もガラッと変わります。

それでも陽が出てお天気になると外気は心地よく過ごしやすい季節でもあります。

そんなこんなで落ち葉や木の実があちこちに落ちている今日この頃。

こちらは西洋栃の実。食べることはありませんが、ドングリよりも大きくて、

艶々ピカピカなので、見つけるとつい拾ってしまいます。

先日友人の家に遊びに行くと、そこのお庭でも大量の実が落ちており、

デコレーションしてキッチンに飾ってありました。

表の庭には今年は猛暑だったのか、巨大なヒマワリに育ったらしく、

2m超えの高さ&直径30cmほどのド迫力の花にビックリ!

柵の2倍以上の高さです。息子さんが学校で種から鉢に植えたものを

持って帰ってきて、夏に何気なく植え替えたそう。

来週は秋休みに入ります。それが終わるといよいよ冬時間に近づき、

街の様子も冬仕様に変わってきます。

さて、今年も長い冬に備えて風邪防止の準備を始めねば~。

LINEで送る

★北欧ヴィンテージショップPetaPetaのお店へはこちらをクリック!

            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

旬の食材

この季節は日が長く、動きやすいだけでなく、旬の野菜や果物が楽しめるシーズンです。今年は特に晴天が続き、たっぷり日に当たって新鮮な食材を堪能出来るラッキーな年になりました。

草木も勢いよく育つので庭の手入れをして、納屋に入れていた椅子なども外に出し、外でのお茶や食事を楽しみます。

ルバーブも沢山収穫。娘がパイを作りました。

エルダーフラワーもシロップにするには多すぎるくらい育っています。

デンマーク産のホワイトアスパラガスにイチゴがスーパーに並びだし、売り場も賑やかになりました。

心地のよい季節なのですが、同時に花粉症のピークでもあり、今年は雨が少ないので花粉が半端なく飛んでいるようです。例年は何とか持ちこたえていたのですが、今年は私もくしゃみや目のかゆみがひどく…飲み薬&目薬を持参して芝刈りやバーベキューを楽しんでいます。

もうすぐ夏至。日の長さもピークに達します。気候や日照時間はコロコロ変わるだけに、短いデンマークの夏を堪能したいと思っています。

 

 

LINEで送る

★北欧ヴィンテージショップPetaPetaのお店へはこちらをクリック!

            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ノスタルジックなストライプ

スウェーデンのグスタフスベリ社、Wilhelm Kageデザインの“Gra Rander”が入荷しています。

ハンドペイントで丁寧にストライプが描かれており、濃すぎない柔らかなグレーカラーが作品を引き立てています。

こちらは戦後まもなくの1945年から製造された作品ですので、どこかノスタルジックな趣のある素敵なシリーズ。男女問わずオールマイティに使って頂けそうです。

Wilhelm Kageといえば、同社の看板デザイナーでヴィンテージファンにも根強い人気のリンドベリの師匠であり、スウェーデンのモダンデザインの巨匠と言われる功績を残した芸術家でした。

ポットやクリーマー、シュガーボウルのフォルムは丸くて大変可愛らしく、ポットのつまみも愛嬌のあるラウンド型でほっこりとした印象です。

飽きのこないシンプルなデザインですので、時代を問わず長く愛用して頂けるおススメのシリーズですよ。

グスタフスベリの食器はこちらからどうぞ。

 

LINEで送る

★北欧ヴィンテージショップPetaPetaのお店へはこちらをクリック!

            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓