師走のコペンハーゲン。

クリスマスが迫り、12月になると街も慌ただしくなります。プレゼントの用意やクリスマスを前にこの季節は久々に親しい友人などとも連絡を取り合うことになり、いよいよ年の瀬だなあと感じる時期でもあります。

クリスマスマーケットに行こうと久々の友人から連絡が入り、出かけることになりました。

どこがいいかなあといろいろ調べたけれど、クリスチャニアという小さなヒッピーの住むコミュニティのマーケットにしようということになり、最寄り駅、クリスチャンハウンへ。

駅の近くには、ツーリストにも人気のVor Frelsers Kirkeという教会があります。螺旋状の階段は上に上がるほど狭くなり、高さもあって、ちょっとスリルがある造りになっています。この日も長蛇の列が出来ていました。

クリスチャニアの入り口。ここはヒッピーや不法滞在者の楽園の地として、有名な場所で2004年までは大麻も合法で売られていた不思議なエリアです。1971年頃からあるらしいので、当時のヒッピーも大分御歳を召してきていますが、国のルールを守らず独自のスタイルで生活をする、何かとお騒がせの人たちでもあります。違法と言いながらも未だに大麻やなどの薬物も売られており、時折警察が踏み込んでは、薬物を没収するなど、イタチごっこを繰り返しているエリアでもあるのです。しかしながら、暴力的で危険な場所という訳でもなく、この季節に開かれるクリスマスマーケットは、家族連れなどでにぎわう人気のスポットで、この日も観光客や地元のデンマーク人で大変な賑わいでした。

観光客などの一般の人も中に入れるのですが、敷地内では写真撮影が禁止されているので、入る前に入り口で一枚だけパチリ。

こちらのクリスマスマーケットはアーティストの陶芸やクリスマスオーナメント、バックや編み物、旅好きのヒッピーが集めたアフリカン雑貨…バラエティに富んだ品揃えでした。マーケットはインドアですが入り切れずに外にも長蛇の列が出来ていて、相変わらずの人気ぶりです。

クリスチャンハウン駅周りには運河があり、船がずらりと並んでいます。この日は風があったので本当に寒くて、急ぎ足で通り過ぎたのですが、夏場にベンチに腰掛けてのんびりするには最高のエリアです。

白鳥がのんびり寛いでいました。ちょっとした息抜きに散策するにはおススメのエリアです。

街の様子も少しご紹介…。

こちらはイルムスデパート。クリスマスシーズンなのに閑散としています。同じく近くにあるマガジンデパートに比べると高級感があるからか、買い物客でにぎわっている様子はありませんでした。

ここのデパートは買い物だけでなく、最上階にあるカフェも穴場なので休憩にもおススメです。カフェのメニューを写真に撮り忘れたのですが、美味しいラテやフルーツジュース、サンドウィッチなどがあります。

イルムスボーリーフース。最先端のインテリア商品が凝縮された場所で、北欧の雑貨などを見るにはおススメのお店です。

クリスマスのオーナメントやグッズが沢山売られていました。友人は壁に掛ける靴下を吟味して購入。シックで大人の雰囲気の素敵なデザインの雑貨がいろいろ並んでいて、欲しいものが一杯集まったお店です。

どのお店もこの季節はクリスマスのデコレーションが盛んですが、こちらはキラキラとロマンティックなクリスマスのデコレーションが施されていました。

チボリ公園の前は通るのも大変なほどの賑わいです。年末恒例のクリスマスマーケットですが、チボリは屋外ですので、夜はたいへん冷え込みます。行かれる方は沢山着込んでお出かけくださいね。

LINEで送る

★北欧ヴィンテージショップPetaPetaのお店へはこちらをクリック!

            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

クリスマスマーケットとカレンダー

12月になり、寒さが厳しくなる今日この頃ですが、クリスマスも近くなり、街のあちらこちらではクリスマスマーケットが開催されています。

先日息子が道を歩いていると、どこからともなく、パカパカと背後からビ―ル会社のカールスバーグの荷車を引っ張る馬とサンタさんが現れて、もらったと持ち帰ってきたカ―ド。クリスマスマーケットお知らせが書いてあります。

注意深く歩いていると小さなマーケットのお知らせがちらほら。

近くで行われていたクリスマスマーケット。古いものだけでなく、食品や手作り雑貨もありました。この日は底冷えの寒い日でしたので、お店の方もプルプル…この季節はクリスマスにぴったりな真鍮などのクラシカルなお店が出ていました。

何気に懐かしい、ヴィンテージのクリスマスニッセ達。古いオ―ナメントは味わいがあるので、地元でも大人気です。

12月になると、おもちゃやお菓子などの子供向けのクリスマスカレンダ-から、大人も楽しめるスクラッチくじのものまで、たくさんのクリスマスグッズが溢れます。

このスクラッチ、クリスマスの風物詩で日本でいう年末ジャンボのような存在なのですが、1等は1ミリオン!…日本円で1700万円くらい。日本の宝くじに比べると、かなりインパクトに欠けますよね…。

物価の高いデンマークにしては、当たりの金額はかなり控えめです。切手や交通費、不動産と、ここ数年恐ろしく物価が上がっているデンマークなのですが、このスクラッチくじは1994年の発売以来、ずっと50Krで発売されており、1等はずっと1ミリオン。20年以上変わっていません。ちなみに国民の半数は購入している人気のくじです。

毎日削って出てくるモチーフの数で当たりが決まるのですが、待ちきれずに約4割の購入者がクリスマス前に削ってしまうそう…たしかに一つ削ると次も削りたくなる危険なくじです。

今月は日照時間がピ-クに短く、気持ちも暗くなりがちですが、ささやかなマ―ケットやスクラッチくじで、気分を上げていこうという雰囲気が伝わります。この季節は友人に招かれたり、自宅に招いたりと、交友関係も盛んになります。暗くて重くなりがちだけど、週末もこの季節ならではのスケージュールを入れて、クリスマスまでのカウントダウンを楽しみたいですね。

LINEで送る

★北欧ヴィンテージショップPetaPetaのお店へはこちらをクリック!

            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Design Museum Danmark

先日コペンハーゲンにあるデザインミュージアムに行きました。

以前よりずっと行きたいと思いつつも、いつでも行けるという思いでなかなか行くことのなかった場所です。

この日の気温は低かったのですが、青空が広がる気持ちのよい日で、久しぶりに秋晴れのお天気でした。

大人料金100クローネ。入り口では荷物をロッカーに預けてから回って下さいと言われます。

ロッカールームもヤコブソンデザインの椅子がプリントされており、デザインミュージアムらしい雰囲気です。

ぐるりと建物に囲まれた中庭は開放感があって気持ちよさそう!季節のいい時期に行く際には中庭で休憩も良いですね。

現在はちょうど2年前から始まった特別展“ラーニング フロム ジャパン”が開催されています。

デンマークがいかに日本のデザインから学んだことがあったかという興味深いテーマで、ロイヤルコペンハーゲンやB&Gなどデンマークの有名な窯や美しいランプシェードで人気のLeKlintなどの作品が並びます。

畳が並べられており、インスピレーションを受けて作られたデンマークの作品がしっくりとマッチして展示されています。

刀などに着ける丁寧に造られた装飾品がズラリ!

こちらの美術館はクラッシックなヨーロッパの陶器も充実しています。

ロイヤルコペンハーゲンの古いロココ調の陶器もたくさん見ることもできますし、アールデコのコーナーもありますここ。

アールデコのコーナーはケースに飾るだけでなく、壁紙も貼られており、その世界にタイムスリップしたかのよう。

こちらのコーナーは椅子のコーナー。110脚のいすが、一脚一脚フレームで囲まれたスペースに飾られており、圧巻です。

モダンなデザインがお好きな方も楽しんで頂けそうなコーナー。

もちろん、ヤコブセンチェアーもありました。

…クラッシックからモダンまで、バラエティに富んだ、展示の数々が一挙に見ることが出来ますので、デンマークのデザインがお好きな方には楽しんで頂けそうです。

カフェ横のあるミュージアムショップにはデザインに関する書籍やデンマークの雑貨などが盛りだくさん。

デンマークのトレンドが分かる品揃えで、こちらを覗いてみるのもおススメです。

お店でもお取り扱いのある、Be My Babyを発見!ニット帽にマフラーと冬仕様で並んでいました。

Design Museum Danmark

Bredgade 68,1260 Copenhagen K

LINEで送る

★北欧ヴィンテージショップPetaPetaのお店へはこちらをクリック!

            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓